解説登別温泉街

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
登別温泉街からくり閻魔堂登別温泉街のメインストリートは、「極楽通り」という愛称で呼ばれている。

歩道は町並みと馴染むカラーブロックが敷かれ、白樺を模した街路灯が立ち並ぶ。そこは温泉街のぬくもりある情緒を漂わせ、古き良き温泉街が息づいている。

商売繁盛や恋愛成就など、ご利益のありそうな地獄や鬼にちなんだ石像がいくつもあり、閻魔大王を祀った「からくり閻魔堂(画像)」などもある。

通りには、土産店や飲食店が軒を並べ、グルメも楽しめる。
そぞろ歩きを楽しんだり、あれこれとお土産を手に品定めをする浴衣の観光客でにぎわっている。

お土産に最適なのは、温泉のシンボルである鬼をデザインした土鈴、鬼面、お菓子、地ビールなど、ここでしか手に入らないものばかり。

登別の名産品には、熊饅頭、天然温泉入浴剤の湯の花などがあり、海産物もおすすめ。



TOPPAGE  TOP